経済自由人の知恵①お金ってそもそも何だろう?なんでお金を支払うのでしょうか?

maxresdefault

Sponsored Link

みなさまこんにちは^^

今日は、今までのジャンルとはまた違った

考え方のことを書いていきたいと思います。

 

「経済自由人」になるための知恵を

私が学んだことをシェアしていきますね♪

ちなみにこれはシリーズ化していきますので

たま~にこういうことも記事にしていこうと思います。

 

maxresdefault

出典:http://img.yaplog.jp/img/18/pc/s/h/e/shelliemayduff/2/2633.jpg

 

まず、お金ってそもそも何?

 

「欲しいものを手に入れるのに、労力と

時間を短縮してくれる、魔法のステッキ」

 

え???

 

お金ってもともとなくて、概念で、

そもそも存在しないんだそうです。

 

インターネットみたいなもので、

インターネットって超便利ですよね!

 

超便利ですがインターネットを使って何したいって

いうのがない人に関しては何の意味もないですよね。

 

お金もそうで、あるのはコインと紙幣です。

貨幣と紙幣というものがあるだけなんです。

あとは、通帳のデータ、バーチャル上のデータです。

 

このコインと紙幣が出来る前っていうのは、

物品交換だったんです。♪

物品交換の前は、物々交換だったんです!

 

それでは少し想像してみましょう♪

Aさん:お米・田んぼ持ってる人

毎日、お米食べている人です。

 

Bさん:野菜・畑持ってる人

大根・人参を持っている人

だとしますね♪

 

村人でまずは一人一人別で、設定上、

A村:Aさんだけ

B村:Bさんだけとします。

そういう村だとします。

 

★Aさん

朝起きて、何をするかといえば、

「今日も一日なにかしよっかな」って

なって、「あぁ、腹減ったなぁ」って

お米を食べるんです。

この時に、野菜食べたいって思わないんです。

野菜の存在を知らないからです。

Aさんお米しかこの時知らないから、

毎日お米食べて幸せなんです♪

 

昼もお米食べて幸せ、夜もお米食べて幸せなんです。

あの食べ物食べたいな、なんでうちにはないんだろう。

 

なんて、存在を知らないから思わないわけです。

 

 

Bさんもそうですね。

野菜しか知らないので

毎日野菜で満足です。

 

っていう不足感ない人生なんです♪

お互いにこれ欲しいなんて思わないんです。

 

では、仮にAさんとBさんが出会ってしまったと

しましょう。

一人でいるより二人でいる方がいいねってなって、

じゃあ一緒にちょっと暮らそうかってなったときに、

とあるときにAさんは思います。

 

「なにそのオレンジの棒・・?

その白い棒なに・・・??」って思うんです。

でも食べたことないから、

食べたいって思わないんです。

 

Aさんはお米しか知らないから

目の前に野菜があったとしても、

食べたいって思わないはずなんです。

 

それでもBさんがすっごい美味しそうに

野菜を食べてたら、話は違って、

「なにそれ私も欲しい。。」って思いますよね。

 

そのときに初めて、それちょっとちょうだい♪ってなります。

そのオレンジの棒ちょうだい。。!

ってなったときに交渉が始まるわけです!

 

「じゃあ、あなたのお米と交換しましょう」ってなるんです。

このときにBさんのオレンジの棒(にんじん)を10本ちょうだい♪と。

じゃあAさんのお茶碗いっぱい分のお米と交換ね♪

 

となったときに、Bさんが、

これフェアじゃないよね、

私10本もにんじんあげるのに、

白いお米一杯分じゃ、フェアじゃない!って思ったら、

成立しません。

 

「じゃあ、何本だったらいいの?」となったときに

「そのお茶碗1杯分だったらせいぜい2本かしら」

「じゃあ、2本でいいよ」となったら成立するわけです♪

 

なので、物々交換というのは、

価値の交換がお互いに均等って

思わないと、成立しないんです。

 

+お互いが欲しいって思わないと、

タイミングも合わないと、成立しないんです。

 

じゃあ、お茶碗1杯とにんじん2本でOKだとしても、

でも私お腹すいてないからと言われたら、もらえないんです。

なのでお互いのニーズのタイミングが完全一致していないと、

ダメなんです。だから不便だったんです。

 

そしてこのときに、「この制度なんか不便だからさ、

変えましょう。別の制度にしましょう」ってなって、

価値の貯蔵ができる、貝殻などが使われたんです。

 

そうして貝殻などを通して物品交換が始まったんです。

交換の手段として、貝殻ができました、

これで一個便利になりますね♪

 

それで、BさんがAさんに、「お米ちょうだい♪」って言うんです。

で、じゃあ余ってるからいいかなって、貝殻と交換します♪

 

貝殻がAさんの元にきて、貝殻が貯められますね。

今までの物々交換では、その交換したものが

腐ってしまったりして価値の貯蔵はできなかったんです。

 

しかし貝殻などが使われるようになってから、

自分が持っている価値を貯蔵できるようになりました。

 

では、そのときに貝殻渡したくないときってありますね。

今で言う、お金払いたくない、減りたくないと同じです。

 

貝殻手元に持ってるけど貝殻出したくないってなったときに

方法があるんですね。

・泣いて土下座して頼むか

・なにかをして貝殻出さなくても手に入れられますね。

 

目の前で、めっちゃ土下座されて、

お米ちょうだい、、、!!(;_;)

もうあなたからお米をくれるまで

私、帰りませんから~~~~~とか

ちょーめんどくさいやつだとします。

 

Aさんがどこかで折れて、

しょうがないなぁ、はいよって渡したとします。

しかし土下座する手間もかかりますし、時間もかかるわけです。

 

その手間と時間をスキップするために、貝殻使うんです。

 

お金がなくたって、労力と時間が

あれば手に入るんです♪

けど、その奥に何が欲しいっていうのがない人は、

お金っていらないんですもんね。

 

逆に言うのであれば私たちが欲しいのは、

お金じゃなくって、未来の素敵な人生って

いうのが欲しいんです。

 

だから、お金というのは、

「やりたいことを具現化するために、

時間と労力をすっとばしてくれる、便利な

魔法のステッキ」ていう考え方なんですね♪

 

何のためにお金を払うのか考えてみよう

Sponsored Link

 

なんでわざわざお金を支払うのか?

どういうことなのかということを考えてみましょう。

 

例えば、お肉が食べたいな~となったとしましょう♫

もし、私の代わりに牛さんを育ててくれる人が

いなかったとしたら、、自分が1から牛さん

育てないといけないですよね。。

 

えさをあげたり、お世話をしたり、

本当に大変です。

 

だから、それを代わりにやってくれている

お肉屋さんにお金を払って、自分がお肉を

食べるために、いろんなことをするよりも、

「自分の代わりに、あなたが牛さんを

育ててくれたんだね、ありがとう♫」ってお金を流すんです!

 

本当にありがたいことなんです!

こんなに便利なものって、ないですよね。

この考えかたを知ったときに、私はなんか

じわ~んときてしまいました。

 

お魚・お刺身食べられるのも、漁師さん?の

おかげだし、お肉も牧場とか、卵とかも

また鶏さん育ててくれるところ等が

あるからなんですね~・・!

 

自分一人の力で、0からそのサービス(欲しい価値)を

生み出して作り出すよりも、

相手が代わりにやってくれたおかげで、

例えば自分がすれば1年間かかるものを

やらなくてもいいわけです。

 

自分の代わりに面倒なことを、手間隙かけて

誰か知らない人が価値を作っておいてくれて

ありがとうね、お金を支払うというのは

そういうことなんです!

 

自分の人生の時間・労力を短縮してくれる、

社会にいる誰かが自分の代わりに

やってくれたんです。

だからそこにお金を流すのは当たり前なんですね!

 

もしもお金とられて嫌だとか、

減るのが嫌だ!って思う人は

全部自分でやればいいんです。(笑)

 

家を建てるにしても、自分で大工の技術磨いて、

せっせせっせ、何年もかけてやればいいんです(笑)

 

けど、自分でそれをやるのか、

誰かに代わりにやってもらうのかの違いで、

あ~これ自分やりたくないからな~

面倒だよな~ってことは、

お金で相手に感謝を示すんです。

 

自分の代わりに技術磨いてくれて、

知識つけてくれて、手間暇かけて、

行動してくれて、価値を作ってくれて、

提供できますよって、準備を整えてくれて!

ありがとうございます、、!

 

だから、お金を支払うということは、

感謝を伝えるということなんです。!

 

手元にお金がいっぱい余るくらいある人は

どこかのタイミングで、知恵を使って

他の人がやらないこと、めんどくさいことを

やって価値を作った人かもしれません。

 

手元にあるお金は何のためにあるのかというと

価値を一時的に保存しているだけなんですね。

 

世の中の誰かがあなたの変わりにあなたが

人生の中ではやらないこと、人生は長いようで

短いですが、人生ではやることよりもやらない

ことの方が多いです。仕事もそうです。

 

星の数ある仕事の中から、

やる仕事とやらない仕事は

やらない仕事の方が圧倒的に多いんですね。

 

ということは人生の中でやらないことを

他の人がやってくれてその中から自分が

欲しい価値が何かしらあるわけです。

 

そこに流すための価値の保存(お金)を流すんです。

だからそのためにお金(貨幣紙幣)っていうのはあるんです。

 

貯蓄も、安心のための貯蓄、

価値の保存をしている人もいれば、

銀行のために流してあげてるんだ、一時的にという人もいます。

後者は、同じ貯蓄をしていても、流しているという

自覚があれば、いいお金の流し方ですよね^^

 

実際に銀行からしても、預金者の預金があって初めて

成り立つ商売ですから、銀行に貸してあげているよ

という位置づけで考えてみるといいですね^^

 

価値の交換をわかりやすく、シンプルにしてくれているのが

お金なんです。便利な道具・概念なんです。

 

インターネット使って何をするのかというのと同様に

お金を使ってなにをするのかということが

明確であればあるほど、お金をいうのは便利なものですね。

 

お金を使っていろんなことができるぞいうのがわかれば

お金があればあるほど、あれもできる、これもできる、

ってわくわくが広がってくるんですね^^

 

お金というものは、やりたいことを具現化するための

労力と時間を短縮してくれる便利な道具なんです^^

 

例えば・・・

・洋服を買うとき

これ一から自分で糸買って、形考えてって

やってたらどれだけ時間かかるんだろう、。

ありがとうございます。。!

 

・飲食店に食事に行く時

自分でスーパーに行って食材を買って。

レシピを調べて、調味料そろえて、

ってやってたら何時間かかるんだろう。。

ありがとうございます。。!

 

・レンタルビデオ屋さんに行く時

このビデオをもしレンタルという制度がなかったら

全部自分で買わないといけないよなぁ。

安くで借りれる制度を作ってくれて、

私たちがコンテンツを楽しめるために店員さんが

働いてくれて、ありがとうございます。。!

 

 

是非何かものを買うとき、これを自分で

一から作ると、どれほどの時間と手間がかかるんだろう、、

ということを考えてみて下さい。

きっと感謝の気持ちが出てくると思います。

 

 

それでは、今日はここまでにしようと思います。

願望実現の方法等、学んだことをまた

書いていきたいと思いますので

よろしくお願いします^^

 

Sponsored Link


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA